キッティングの現場で役に立つスクリプトをこちらで配信中。
[REG]デスクトップ

「ジャンプ リストに表示する最近使った項目の数」のレジストリをコマンドで設定する方法【Win8.1編】

[REG]デスクトップ
この記事は約3分で読めます。

20150711-W8.1-Start_JumpListItems-07

タスク バーとナビゲーションのプロパティにある「ジャンプ リストに表示する最近使った項目の数」のレジストリをコマンドで設定することができるバッチファイルの作成方法を説明します。

対象OS Windows 8.1

レジストリの設定箇所を確認する

「ジャンプ リストに表示する最近使った項目の数」のレジストリの設定箇所は以下の通りです。

ジャンプ リストに表示する最近使った項目の数
キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced
値の名前 Start_JumpListItems
REG_DWORD
値の内容 表示したい数を指定する

バッチファイルを作成する

「ジャンプ リストに表示する最近使った項目の数」を変更する場合は、以下のバッチを利用します。

20150711-W8.1-Start_JumpListItems-07

@echo off
reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced" /v "Start_JumpListItems" /t REG_DWORD /d "0" /f
pause
exit

 
「ジャンプ リストに表示する最近使った項目の数」をデフォルトに戻す場合は、以下のバッチを利用します。

20150711-W8.1-Start_JumpListItems-04.10

@echo off
reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced" /v "Start_JumpListItems" /t REG_DWORD /d "10" /f
pause
exit

バッチファイルをダウンロードする

今回紹介したバッチファイルはこちらからダウンロードすることができます。

よく一緒に読まれている記事

「最近開いたプログラムを保存する」のレジストリをコマンドで設定する方法【Win8.1編】
Windows 自動化技術大全 - タスク バーとナビゲーションのプロパティにある「最近開いたプログラムを保存する」のレジストリをコマンドで設定することができるバッチファイルの作成方法を説明します。
「最近開いた項目をジャンプ リストに保存し表示する」のレジストリをコマンドで設定する方法【Win8.1編】
Windows 自動化技術大全 - タスクバーとナビゲーションのプロパティにある「最近開いた項目をジャンプ リストに保存し表示する」のレジストリをコマンドで設定することができるバッチファイルの作成方法を説明します。
タイトルとURLをコピーしました