[REG]起動と終了

Windows に自動ログインするレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】

[REG]起動と終了
この記事は約8分で読めます。

w10-autoadminlogon-04

Windows に自動ログインするレジストリをコマンドで設定する方法を説明します。

対象OS Windows 7,Windows 8.1,Windows 10
スポンサーリンク

レジストリの設定箇所を確認する

自動ログインを有効にするためのレジストリは以下の通りです。

自動ログインを有効にする
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値の名前 AutoAdminLogon
REG_DWORD
値の内容 0 → 無効【既定】
1 → 有効
ログイン対象のユーザー名
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値の名前 DefaultUserName
REG_SZ
値の内容 自動ログインしたいユーザー名を指定する
ログイン対象のパスワード
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値の名前 DefaultPassword
REG_SZ
値の内容 自動ログインしたいユーザーのパスワードを指定する
ドメイン名(ドメインユーザーで自動ログインする場合に必要)
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon
値の名前 DefaultDomainName
REG_SZ
値の内容 ドメイン名を指定する
スポンサーリンク

事前設定

まず、あらかじめ自動ログインするためのユーザーを登録しておきます。WORKGROUP 環境の場合はローカルユーザー、ドメインの場合はドメインユーザーを登録しておきます。

w10-autoadminlogon-01

スポンサーリンク

バッチファイルを作成する

事前に登録しておいたユーザーで自動ログインするためには、以下のバッチを利用します。

w10-autoadminlogon-04

WORKGROUP 環境の場合

@echo off
reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon" /v "AutoAdminLogon" /t REG_DWORD /d "1" /f
reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon" /v "DefaultUserName" /t REG_SZ /d "user01" /f
reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon" /v "DefaultPassword" /t REG_SZ /d "P@ssvv0rd" /f
pause
exit

ドメイン環境の場合

@echo off
reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon" /v "AutoAdminLogon" /t REG_DWORD /d "1" /f
reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon" /v "DefaultDomainName" /t REG_SZ /d "autolabo.local" /f
reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon" /v "DefaultUserName" /t REG_SZ /d "user01" /f
reg add "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon" /v "DefaultPassword" /t REG_SZ /d "P@ssvv0rd" /f
pause
exit

 
自動ログインを無効にする(デフォルトに戻す)場合、以下のバッチを利用します。

w10-autoadminlogon-03

@echo off
reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon" /v "AutoAdminLogon" /f
reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon" /v "DefaultDomainName" /f
reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon" /v "DefaultUserName" /f
reg delete "HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon" /v "DefaultPassword" /f
pause
exit
スポンサーリンク

ワンポイント アドバイス

今回は自動ログオンするためだけのシンプルなバッチを作成しました。これを応用して コンピューターごとに異なるユーザーで自動ログオンすることができるバッチ も公開していますので、よろしければ参考にしてみてください。

バッチファイルと CSV ファイルを利用して自動ログオンの設定を行う方法【共通編】
バッチファイルと CSV ファイルを利用して自動ログオンの設定を行う方法です。コンピューター名とドメイン名、ユーザー名、パスワードを記述した CSV ファイルを用意して、バッチファイルと同じ階層に配置して実行することで、端末ごとに任...

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

この記事をシェアする
Windows自動化技術大全をフォローする
林 鼓平 (Kohei Hayashi)

Windows系のインフラエンジニアです。めんどくさいPCの設定作業をなんとかして自働化できないものかと日々そんなことばかり考えています。当面の目標はMicrosoft MVPになることです。もし、MVPにご推薦頂けるという方はこちらより清き一票をお願いします。世の情シス担当の皆様にSearchあれ。

Windows自動化技術大全をフォローする
Windows 自動化技術大全
タイトルとURLをコピーしました