キッティングの現場で役に立つスクリプトをこちらで配信中。
[REG]ハードウェア

プリンター アイコンを自動で追加することができるバッチファイル【共通編】

[REG]ハードウェア
この記事は約3分で読めます。

プリンター アイコンを自動で追加することができるバッチファイルについて解説します。

対象OS Windows 7,Windows 8.1,Windows 10

バッチファイルを作成する

プリンター アイコンを追加する場合、以下のバッチを利用します。2行目の「set strPRIN_NAME=」の後ろには「追加するプリンターの名前」、3行目の「set strPRIN_IPAD=」の後ろには「プリンターのIPアドレス」、4行目の「set strPRIN_DRIV=」には「プリンタードライバーの名前」を入力します。なお、プリンタードライバーの名前がわからない場合、ドライバーの構成ファイルにある「inf」ファイルに記載されている場合がほとんどです。

@echo off
set strPRIN_NAME=営業部-FXDocuPrintC3360
set strPRIN_IPAD=192.168.1.240
set strPRIN_DRIV=FX DocuPrint C3360
cscript C:\Windows\system32\Printing_Admin_Scripts\ja-JP\prnport.vbs -a -r IP_%strPRIN_IPAD% -h %strPRIN_IPAD% -o raw -me -y public -i 1 -n 9100
cscript C:\Windows\system32\Printing_Admin_Scripts\ja-JP\prnmngr.vbs -a -p "%strPRIN_NAME%" -m "%strPRIN_DRIV%" -r IP_%strPRIN_IPAD%
pause
exit

バッチファイルを実行する

バッチ実行前の状態です。まだ何もプリンター アイコンが追加されていません。

 
バッチを実行します。

 
新しいプリンター アイコンとして「営業部-FXDocuPrintC3360」が追加されました。

ワンポイント アドバイス

追加したプリンター アイコンを通常使うプリンターに設定したい場合は、以下の記事が参考になります。
通常使うプリンターを自動で設定することができるバッチファイル【共通編】
Windows 自動化技術大全 - 通常使うプリンターを自動で設定することができるバッチファイルについて解説します。

 

端末ごとに異なるプリンターを作成したい場合は、以下の記事が参考になります。

近日公開予定

タイトルとURLをコピーしました