Excel 2016 の「Outlook の添付ファイルに対して、保護ビューを有効にする」のレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】

Excel 2016 の「Outlook の添付ファイルに対して、保護ビューを有効にする」のレジストリをコマンドで設定することができるバッチファイルの作成方法を説明します。

対象環境 Excel 2016

レジストリの設定箇所を確認する

Excel 2016 の「Outlook の添付ファイルに対して、保護ビューを有効にする」のレジストリの設定箇所は以下の通りです。

【Excel 2016】Outlook の添付ファイルに対して、保護ビューを有効にする
キー HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Excel\Security\ProtectedView
値の名前 DisableAttachmentsInPV
REG_DWORD
値の内容 0 → 有効【既定】
1 → 無効

バッチファイルを作成する

Excel 2016 の「Outlook の添付ファイルに対して、保護ビューを有効にする」を無効にする場合、以下のバッチを利用します。


Excel 2016 の「Outlook の添付ファイルに対して、保護ビューを有効にする」を有効にする(デフォルトに戻す)場合、以下のバッチを利用します。

よく一緒に読まれている記事

PowerPoint 2016 の「Outlook の添付ファイルに対して、保護ビューを有効にする」のレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】
PowerPoint 2016 の「Outlook の添付ファイルに対して、保護ビューを有効にする」のレジストリをコマンドで設定する...
Word 2016 の「Outlook の添付ファイルに対して、保護ビューを有効にする」のレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】
Word 2016 の「Outlook の添付ファイルに対して、保護ビューを有効にする」のレジストリをコマンドで設定することができる...

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク