「Google Chrome」をコマンドでサイレントインストールするバッチファイルを公開しました。

20150622-install-google-chrome-10

今回は、コマンドを利用して「Google Chrome」をサイレントインストール(バックグラウンドで自動的にインストール)する方法を紹介します。

下準備をする


まずはスタンドアロン版のインストーラーをダウンロードします。インストーラーは以下のサイトで配布しています。

Google Chrome for Work は、導入と管理が簡単で安全な標準化ブラウザを求める組織や企業向けに設計された新しいウェブブラウザです。Chrome for Work では、MSI インストーラ、管理対象のグループ ポリシー、情報システム管理者用のツールを使用できます。


「Chrome MSI をダウンロード」をクリックします。

20150622-install-google-chrome-01


「同意してインストール」をクリックします。

20150622-install-google-chrome-02


ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに入れます。

20150622-install-google-chrome-03


次に以下の場所よりバッチをダウンロードします。


バッチファイルを解凍して、先ほどのフォルダにコピーします。

20150622-install-google-chrome-04


バッチを右クリックして「編集」を選択します。

20150622-install-google-chrome-05


「set PARAMETER=」の後ろに先ほどダウンロードしてきたインストーラーのファイル名を入れて保存します。

20150622-install-google-chrome-06

バッチを実行する


バッチ実行前は「Google Chrome」はまだインストールされていません。

20150622-install-google-chrome-07


バッチを右クリックして「管理者として実行」します。

20150622-install-google-chrome-08


「続行するには何かキーを押してください。」と表示されたら、Enterを押すと画面が閉じられます。

20150622-install-google-chrome-09


「Google Chrome」がインストールされました。

20150622-install-google-chrome-10