「ファイルを閉じたときに Office ドキュメント キャッシュから削除する」を有効/無効にするレジストリの設定値【Office 2016編】

Office 2016 の「Microsoft Office アップロード センター」の設定にある「ファイルを閉じたときに Office ドキュメント キャッシュから削除する」を有効/無効にするレジストリについて解説します。

対象アプリ Office 2016

レジストリの設定値

Office 2016 の「ファイルを閉じたときに Office ドキュメント キャッシュから削除する」のレジストリの設定値は以下の通りになります。

ファイルを閉じたときに Office ドキュメント キャッシュから削除する
キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\FileIO
値の名前 DisableLongTermCaching
REG_DWORD
値の内容 0 → 無効【既定】
1 → 有効

バッチファイルを作成する

「ファイルを閉じたときに Office ドキュメント キャッシュから削除する」を有効にする場合は、以下のバッチを利用します。


「ファイルを閉じたときに Office ドキュメント キャッシュから削除する」を無効にする(既定に戻す)場合は、以下のバッチを利用します。

よく一緒に読まれている記事

「ファイルを Office ドキュメント キャッシュに保存する日数」を変更するレジストリの設定値【Office 2016編】
Office 2016 の「Microsoft Office アップロード センター」の設定にある「ファイルを Office ドキュ...