「Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?」を有効/無効にするレジストリの設定値【Office 2016編】

Office 2016 の「プライバシー オプション」の設定にある「Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?」を有効/無効にするレジストリについて解説します。

対象アプリ Office 2016

レジストリの設定値

Office 2016 の「Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?」のレジストリの設定値は以下の通りになります。

Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?
キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Internet
値の名前 UseOnlineContent
REG_DWORD
値の内容 0 → 完全無効
1 → 無効
2 → 有効【規定】
※Office 2013 の場合は こちら

バッチファイルを作成する

「Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?」を完全無効にする場合は、以下のバッチを利用します。


「Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?」を無効にする場合は、以下のバッチを利用します。


「Office を Microsoft のオンライン サービスに接続して、使用状況や環境設定に関連する機能を提供できるようにしますか?」を有効にする(既定に戻す)場合は、以下のバッチを利用します。

よく一緒に読まれている記事

「Office の改善のために個人情報を Microsoft に送信します」を有効/無効にするレジストリの設定値【Office 2016編】
Office 2016 の「プライバシー オプション」の設定にある「Office の改善のために個人情報を Microsoft に送...

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク