「保護されたオペレーション システム ファイルを表示しない」のレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】

W10-ShowSuperHidden-05

フォルダー オプションにある「保護されたオペレーション システム ファイルを表示しない」をバッチファイルで有効/無効にする方法です。

対象OS Windows 7, Windows 8.1, Windows 10

レジストリの設定箇所を確認する

「保護されたオペレーション システム ファイルを表示しない」のレジストリの設定箇所は以下の通りです。

保護されたオペレーション システム ファイルを表示しない
キー HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\Advanced
値の名前 ShowSuperHidden
REG_DWORD
値の内容 0 → 有効【既定】
1 → 無効

バッチファイルを作成する

「保護されたオペレーション システム ファイルを表示しない」を無効にしたい場合、以下のバッチを利用します。

W10-ShowSuperHidden-05


「保護されたオペレーション システム ファイルを表示しない」を有効にしたい場合、以下のバッチを利用します。

W10-ShowSuperHidden-02

よく一緒に読まれている記事

「登録されている拡張子は表示しない」のレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】
フォルダー オプションにある「登録されている拡張子は表示しない」をバッチファイルで有効/無効にする方法です。 table ...
「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」のレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】
フォルダー オプションにある「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をバッチファイルで設定する方法です。 ...