コンピューター名を判定して条件分岐させるバッチファイル【共通編】

コンピューター名を判定して条件分岐させるバッチファイルについて説明します。

対象OS Windows 7,Windows 8.1,Windows 10

環境変数

コンピューター名で条件分岐させるためには、環境変数の「COMPUTERNAME」を利用します。

試しに echo コマンドで「%COMPUTERNAME%」を呼び出してみます。


すると、コマンドを実行した端末のコンピューター名が表示されます。

バッチファイルを作成する

先ほどの内容を応用することでコンピューター名を判定して条件分岐させることができます。

まずは、完全一致検索をさせてからの条件分岐です。


完全一致の場合の実行結果は以下の通りです。


次に、前方一致検索をさせてからの条件分岐です。

サンプルでは前から7文字まで一致させるパターンとなります。


前方一致の場合の実行結果は以下の通りです。

よく一緒に読まれている記事

Windows OS のビット数を判定して条件分岐させるバッチファイル【共通編】
Windows OS のビット数を判定して条件分岐させるバッチファイルについて説明します。 table { width...

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク