Internet Explorer 11 の「ポップアップの発生時」の設定をコマンドで行う方法【Win8.1編】

W81-PopupsUseNewWindow-07

Internet Explorer 11 のインターネット オプションのタブ ブラウズの設定にある「ポップアップの発生時」の設定をコマンドで行うことができるバッチファイルを公開しました。

レジストリの設定箇所は?


バッチファイルにするために、まずはレジストリの設定箇所を確認する必要があります。

ポップアップの発生時
キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\TabbedBrowsing
値の名前 PopupsUseNewWindow
REG_DWORD
値の内容 0 → ポップアップを開く方法を Internet Explorer で自動的に判定する【既定】
1 → 常に新しいウィンドウでポップアップを開く
2 → 常に新しいタブでポップアップを開く

バッチファイルのダウンロード


先ほどの設定値を反映するためのバッチファイルを作成しました。


ダウンロードしたファイルを解凍すると2つのファイルが表示されます。

W81-PopupsUseNewWindow-01


「ポップアップの発生時」の設定.bat を右クリックして「編集」をクリックします。

W81-PopupsUseNewWindow-02


先ほどの表を参考にして、設定したい値を入力して、上書き保存します。

W81-PopupsUseNewWindow-03

バッチを実行する


標準の設定では「ポップアップの発生時」の設定は「ポップアップで開く方法を Internet Explorer で自動的に判別する」になっています。

W81-PopupsUseNewWindow-04.10


これを変更するには「ポップアップの発生時」の設定.bat を右クリックして「管理者として実行」します。

W81-PopupsUseNewWindow-05


「続行するには何かキーを押してください。」と表示されたら、Enterを押すと画面が閉じられます。

W81-PopupsUseNewWindow-06


「ポップアップの発生時」の設定が「常に新しいウインドウでポップアップを開く」に変更されました。

W81-PopupsUseNewWindow-07

設定を元に戻すには?


設定を元に戻すには「ポップアップの発生時」の設定を元に戻す【既定】.bat を利用します。

W81-PopupsUseNewWindow-08


「続行するには何かキーを押してください…」と表示されたら、Enterを押して画面を閉じます。

W81-PopupsUseNewWindow-09


設定が元に戻りました。

W81-PopupsUseNewWindow-04.10