Internet Explorer 11 の「署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する」のレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】

w10-runinvalidsignatures-02

Internet Explorer 11 のインターネット オプションにある「署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する」のレジストリをコマンドで設定することができるバッチファイルの作成方法を説明します。

対象OS Windows 7,Windows 8.1,Windows 10

レジストリの設定箇所を確認する

「署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する」のレジストリの設定箇所は以下の通りです。

署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する
キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Download
値の名前 RunInvalidSignatures
REG_DWORD
値の内容 0 → 無効【既定】
1 → 有効

バッチファイルを作成する

「署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する」を有効にしたい場合、以下のバッチを利用します。

w10-runinvalidsignatures-02


「署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する」を無効にしたい(デフォルトに戻す)場合、以下のバッチを利用します。

w10-runinvalidsignatures-01

よく一緒に読まれている記事

Internet Explorer 11 のインターネット オプションにある「証明書のアドレスの不一致について警告する」のレジストリ...

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク