Internet Explorer 11 の「URL パスを UTF-8 として送信する」のレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】

w10-urlencoding-02

Internet Explorer 11 のインターネット オプションにある「URL パスを UTF-8 として送信する」を有効/無効にすることができるバッチファイルの作成方法を説明します。

対象OS Windows 7, Windows 8.1, Windows 10

レジストリの設定箇所を確認する

「URL パスを UTF-8 として送信する」のレジストリの設定箇所は以下の通りです。

URL パスを UTF-8 として送信する
キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings
値の名前 UrlEncoding
REG_DWORD
値の内容 1 → 無効
0 → 有効【既定】

バッチファイルを作成する

「URL パスを UTF-8 として送信する」を無効にしたい場合、以下のバッチを利用します。

w10-urlencoding-02


「URL パスを UTF-8 として送信する」を有効にしたい(デフォルトに戻す)場合、以下のバッチを利用します。

w10-urlencoding-01

よく一緒に読まれている記事

Internet Explorer 11 のインターネット オプションにある「イントラネット URL の UTF-8 クエリ文字列を...
Internet Explorer 11 のインターネット オプションにある「イントラネット以外の URL の UTF-8 クエリ文...

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク