DNS サフィックスのレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】

レジストリを操作してDNS サフィックスをコマンドで設定することができるバッチファイルの作成方法を説明します。

対象OS Windows 7, Windows 8.1, Windows 10

レジストリの設定箇所を確認する

DNS サフィックスのレジストリの設定箇所は以下の通りです。

DNS サフィックスの設定
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\ControlSet001\Services\Tcpip\Parameters
値の名前 SearchList
REG_SZ
値の内容 DNS サフィックスのアドレスを入力する

バッチファイルを作成する

DNS サフィックスに1つのアドレスを追加する場合、以下のバッチを利用します。


DNS サフィックスに2つのアドレスを追加する場合、以下のバッチを利用します。


DNS サフィックスの設定を初期化する(デフォルトに戻す)場合、以下のバッチを利用します。

よく一緒に読まれている記事

IPアドレスとDNSサーバーをバッチで設定する方法【共通編】
IPアドレスとDNSサーバーをバッチファイルで設定する方法です。 table { width: 100%; bor...