[Win10 1703編]「アプリがアクセスしてメールを送信することを許可する」のレジストリの設定値

Windows 10 バージョン 1703 の [スタート] – [設定] – [プライバシー] – [メール] にある「アプリがアクセスしてメールを送信することを許可する」を有効/無効にするレジストリについて解説します。

対象OS Windows 10 バージョン 1703

レジストリの設定箇所を確認する

Windows 10 バージョン 1703 の「アプリがアクセスしてメールを送信することを許可する」のレジストリの設定値は以下の通りになります。

アプリがアクセスしてメールを送信することを許可する
キー HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\DeviceAccess\Global\{9231CB4C-BF57-4AF3-8C55-FDA7BFCC04C5}
値の名前 Value
REG_SZ
値の内容 Allow → 有効【既定】
Deny → 無効

バッチファイルを作成する

「アプリがアクセスしてメールを送信することを許可する」を無効にする場合は、以下のバッチを利用します。


「アプリがアクセスしてメールを送信することを許可する」を有効にする(デフォルトに戻す)場合は、以下のバッチを利用します。