キッティング現場で役に立つスクリプト【13選】

コンピューター名を対話形式で変更するバッチファイル

スクリプト

コンピューター名を対話形式で設定するバッチファイルを紹介します。

スポンサーリンク

事前準備

まずは、以下の場所からバッチファイルをダウンロードしてください。

SetHostnameByDialogue_v1.1.0.zip
ファイル名:SetHostnameByDialogue_v1.1.0.zip バージョン:v1.1.0 公開日  :2016/06/16 更新日  :2018/04/16 更新内容 :コード内に説明文追加、現在のコンピューター名を出力させる機能を追加 コンピューター名を対話形式で設定するバッチファイルです。 対応O...

 
ダウンロードしたファイルを解凍すると、1つのバッチファイルが展開されます。

バッチファイルの実行

「SetHostnameByDialogue.bat」を右クリックして、[管理者として実行] をクリックします。

 
「新しいコンピューター名を入力してください:」と表示されたら、新しいコンピューター名を入力します。

 
新しいコンピューター名を入力後、[ENTER] を押すとコンピューター名が変更設定されます。正常に変更が行われると「RuturnValue = 0;」が返されます。[ENTER] を押すとコンピューターが再起動されます。

 
再起動後、キーボードの Windows + R を押します。

 
[名前] に「sysdm.cpl」と入力して、[OK] をクリックします。

 
[コンピューター名] が正しく変更されているか確認します。