[REG]デスクトップ

スタート ボタンを右クリックして表示するコンテキスト メニューを非表示にする方法【共通編】

[REG]デスクトップ
この記事は約4分で読めます。

w10-winx-01

スタート ボタンを右クリックして表示するコンテキスト メニューを非表示にする方法を説明します。

対象OS Windows 8.1, Windows 10
スポンサーリンク

設定箇所を確認する

スタート ボタンを右クリックして表示するコンテキスト メニューの実体(.lnk)が保存されている場所は以下の通りです。

スタート ボタンを右クリックした時に表示するコンテキスト メニュー
パス C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Microsoft\Windows\WinX

 
一度、ご自身の環境で上記パスにアクセスしてください。パスを開くと「Group1」、「Group2」、「Group3」というフォルダがあり、それぞれの中にコンテキスト メニューのリンクの実体(.lnk)が保存されています。これらを「WinX」フォルダごと隠しファイルにすることでコンテキスト メニューを非表示にすることができます。

w10-winx-02a

 
バッチファイルを作成する前に開いたパスをコピーしておきます。

w10-winx-03

スポンサーリンク

バッチファイルを作成する

コンテキスト メニューを非表示にする場合は以下のバッチを利用します。2行目の「set PARAMETER=」の後ろに先ほどコピーしておきたパスを入力してください。バッチ実行後は再起動(もしくはサインアウト)すると設定が反映されます。

w10-winx-04

@echo off
set PARAMETER=C:\Users\user01\AppData\Local\Microsoft\Windows\WinX
attrib +H "%PARAMETER%" /s /d
attrib +H "%PARAMETER%\Group1" /s /d
attrib +H "%PARAMETER%\Group1\*.lnk" /s /d
attrib +H "%PARAMETER%\Group2" /s /d
attrib +H "%PARAMETER%\Group2\*.lnk" /s /d
attrib +H "%PARAMETER%\Group3" /s /d
attrib +H "%PARAMETER%\Group3\*.lnk" /s /d
pause
exit

 
再度、コンテキスト メニューを表示させる(デフォルトに戻す)場合は、以下のバッチを利用します。こちらも同じく2行目の「set PARAMETER=」の後ろに先ほどコピーしておいたパスをしてください。同じくバッチ実行後に再起動(もしくはサインアウト)すると設定が反映されます。

w10-winx-01

@echo off
set PARAMETER=C:\Users\user01\AppData\Local\Microsoft\Windows\WinX
attrib -H "%PARAMETER%" /s /d
attrib -H "%PARAMETER%\Group1" /s /d
attrib -H "%PARAMETER%\Group1\*.lnk" /s /d
attrib -H "%PARAMETER%\Group2" /s /d
attrib -H "%PARAMETER%\Group2\*.lnk" /s /d
attrib -H "%PARAMETER%\Group3" /s /d
attrib -H "%PARAMETER%\Group3\*.lnk" /s /d
pause
exit
スポンサーリンク

よく一緒に読まれている記事

「Cortana のアイコンを表示する」や「検索ボックスを表示する」のレジストリをコマンドで設定する方法【Win10編】
タスク バーの設定にある「Cortana のアイコンを表示する」や「検索ボックスを表示する」のレジストリをコマンドで設定することができるバッチファイルの作成方法を説明します。 table { width: 100%; ...

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

この記事をシェアする
Windows自動化技術大全をフォローする
林 鼓平 (Kohei Hayashi)

Windows系のインフラエンジニアです。めんどくさいPCの設定作業をなんとかして自働化できないものかと日々そんなことばかり考えています。当面の目標はMicrosoft MVPになることです。もし、MVPにご推薦頂けるという方はこちらより清き一票をお願いします。世の情シス担当の皆様にSearchあれ。

Windows自動化技術大全をフォローする
Windows 自動化技術大全
タイトルとURLをコピーしました