管理者必携のオリジナルスクリプト【8選】

Internet Explorer 11 で発生する「ホームページが壊れていたため、Internet Explorer でホームページをリセットしました。」のエラーを回避する方法【共通編】

インターネット

Internet Explorer 11 のホームページの設定をスクリプトなどで設定した後、Sysprep をかけると「ホームページが壊れていたため、Internet Explorer でホームページをリセットしました。」と表示されるエラーを回避する方法です。

対象OS Windows 7, Windows 8.1, Windows 10

 
現象としては、Sysprep をかける前にホームページを「Google」などに設定した後、IE を起動すると「不正なプログラムがホームページを *** に変えようとしています。」と表示されたり、、、

 
Sysprep 後は「ホームページが壊れていたため、Internet Explorer でホームページをリセットしました。ホームページを *** に変更しますか?」と表示されたりします。しかも、ユーザーごとに発生するので非常に厄介です。

 
これらは次に説明するレジストリを追加してあげれば、回避することができます。

レジストリの設定箇所を確認する

Internet Explorer 11 の「ホームページが壊れていたため、Internet Explorer でホームページをリセットしました。ホームページを *** に変更します。」のエラーを回避するレジストリの設定箇所は以下の通りです。

「ホームページが壊れていたため、Internet Explorer でホームページをリセットしました。ホームページを *** に変更します。」を回避する
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\Main\FeatureControl\FEATURE_EUPP_GLOBAL_FORCE_DISABLE
値の名前 iexplore.exe
REG_DWORD
値の内容 なし → エラーが発生【既定】
0 → エラーが発生
1 → エラーを回避

バッチファイルを作成する

Internet Explorer 11 の「ホームページが壊れていたため、Internet Explorer でホームページをリセットしました。ホームページを *** に変更します。」のエラーを表示させないようにする場合、以下のバッチを利用します。

 
Internet Explorer 11 の「ホームページが壊れていたため、Internet Explorer でホームページをリセットしました。ホームページを *** に変更します。」のエラーを表示させるようにする(デフォルトに戻す)場合、以下のバッチを利用します。

よく一緒に読まれている記事

Internet Explorer 11 のホーム ページのレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】
Windows 自動化技術大全 - Internet Explorer 11 のインターネット オプションにあるホーム ページのレジストリをコマンドで設定することができるバッチファイルの作成方法を説明します。