キッティングの現場で役に立つスクリプトをこちらで配信中。

[GPO]「[履歴の設定] を許可しない」をグループポリシーで設定する方法【IE11編】

[GPO]インターネット
この記事は約3分で読めます。

グループポリシーにある「[履歴の設定] を許可しない」を有効/無効にする方法です。

スポンサーリンク

グループポリシーによる設定

ポリシーの設定箇所

[履歴の設定] を許可しない
構成単位 コンピューターの構成 or ユーザーの構成
ツリー 管理用テンプレート -> Windows コンポーネント -> Internet Explorer -> 閲覧履歴の削除
設定 [履歴の設定] を許可しない
状態 未構成
有効
無効
オプション ページを履歴で保持する日数:0~999

レジストリによる設定

レジストリの設定箇所

[履歴の設定] を許可しない(1)
ハイブ HKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
キーパス Software\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Control Panel
値の名前 History
値の種類 REG_DWORD
値のデータ 1:有効
0:無効
[履歴の設定] を許可しない(2)
ハイブ HKEY_LOCAL_MACHINE or HKEY_CURRENT_USER
キーパス Software\Policies\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings\Url History
値の名前 DaysToKeep
値の種類 REG_DWORD
値のデータ 「0~999」の値で指定する

設定反映用バッチファイル(コンピューターの構成)

設定反映用バッチファイル(ユーザーの構成)

設定反映用バッチファイル(デフォルト ユーザー)

実行結果

設定反映前

設定反映後

タイトルとURLをコピーしました