キッティングの現場で役に立つスクリプトをこちらで配信中。
[REG]ソフトウェア

Adobe Acrobat Reader DC をサイレントインストールする方法【共通編】

[REG]ソフトウェア
この記事は約2分で読めます。

 
コマンドプロンプトを利用して Adobe Acrobat Reader DC をサイレントインストールする方法を解説します。

スポンサーリンク

下準備をする

まずは、オフライン環境でもインストールができるように Adobe Acrobat Reader DC のスタンドアロンインストーラーを以下の場所からダウンロードします。

ftp://ftp.adobe.com/pub/adobe/reader/win/

 
サイトをアクセスしたら、インストーラーの種類を選んでいきます。今回は「Acrobat DC」です。

 
次にインストーラーのバージョンを選びます。特別な要件がない場合、基本的には最新バージョンを選ぶことになります。今回は執筆時点での最新バージョンである「1801130036」を選択します。

 
次はインストーラーの言語です。通常は「ja_JP」の exe ファイルを選択します。OS 言語に依存させたい場合はマルチ言語版の「MUI」を選ぶこともできますが、今回の場合は「msp」しかないため「AcroRdrDC1801120035_ja_JP.exe」を選択します。

 
ダウンロードが完了するまで待ちます。

 
ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに保存します。

 
次に以下のコードをコピーします。

 
コピーしたコードをメモ帳に貼り付けます。

 
3行目の「set PARAM=」の後ろに先ほどダウンロードしたスタンドアロンインストーラーのファイル名を入力します。※拡張子も必ず入力してください。

 
入力が終わったら、名前は任意のもの、拡張子は「.bat」にして保存してください。なお、保存場所はインストーラーと同じ場所にしないと正しく動作しません。

バッチを実行する

バッチを右クリックして「管理者として実行」します。

 
「続行するには何かキーを押してください。」と表示されたら、Enterを押して画面を閉じます。

 
「Adobe Acrobat Reader DC」がインストールされました。

よく一緒に読まれている記事

Adobe Acrobat Reader DC をサイレントアップデートする方法【共通編】
コマンドプロンプトを利用して Adobe Acrobat Reader DC をサイレントアップデートする方法を解説します。
Adobe Acrobat Reader DC の自動アップデートを有効/無効にする方法【共通編】
Adobe Acrobat Reader DC の自動更新を有効/無効にする方法について解説します。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク
Windows 自動化技術大全
タイトルとURLをコピーしました