[REG]ソフトウェア

Office のサインイン ボタンを表示/非表示にするレジストリの設定値【Office 2016編】

[REG]ソフトウェア
この記事は約3分で読めます。

Office 2016 のサインイン ボタンを表示/非表示にするレジストリについて解説します。

対象アプリ Office 2016
スポンサーリンク

レジストリの設定箇所を確認する

Office 2016 のサインイン ボタンを制御するレジストリの設定値は以下の通りになります。

Office 2016 のサインイン ボタンの制御
キー HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\SignIn
値の名前 SignInOptions
REG_DWORD
値の内容 0 → 両方の ID を許可
1 → Microsoft アカウントのみ
2 → 組織によって割り当てられたユーザー ID のみ
3 → どちらも許可しない
※Office 2013 の場合は こちら
スポンサーリンク

バッチファイルを作成する

Office 2016 のサインイン ボタンを非表示にする場合は、以下のバッチを利用します。

@echo off
reg add "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\SignIn" /v "SignInOptions" /t REG_DWORD /d "3" /f
pause
exit

 
Office 2016 のサインイン ボタンを表示にする(既定に戻す)場合は、以下のバッチを利用します。

@echo off
reg add "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\SignIn" /v "SignInOptions" /t REG_DWORD /d "0" /f
pause
exit

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

この記事をシェアする
Windows自動化技術大全をフォローする
林 鼓平 (Kohei Hayashi)

Windows系のインフラエンジニアです。めんどくさいPCの設定作業をなんとかして自働化できないものかと日々そんなことばかり考えています。当面の目標はMicrosoft MVPになることです。もし、MVPにご推薦頂けるという方はこちらより清き一票をお願いします。世の情シス担当の皆様にSearchあれ。

Windows自動化技術大全をフォローする
Windows 自動化技術大全
タイトルとURLをコピーしました