[REG]ソフトウェア

「Mozilla Thunderbird」をコマンドでサイレントインストールするバッチファイルを公開しました。

[REG]ソフトウェア
この記事は約2分で読めます。

20150701-install-thunderbird-09

今回は、コマンドを利用して「Mozilla Thunderbird」をサイレントインストール(バックグラウンドで自動的にインストール)する方法を紹介します。

スポンサーリンク

下準備をする

 
まずはスタンドアロン版のインストーラーをダウンロードします。インストーラーは以下のサイトで配布しています。

Thunderbird — メールを簡単に。
メッセージの高速全文検索、タブ表示、アーカイブ。設定も簡単で、カスタマイズ自由自在。そんなメールソフトが Thunderbird です。

 
Thunderbirdの最新版をダウンロードします。

20150701-install-thunderbird-01

 
ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに入れます。

20150701-install-thunderbird-02

 
次に以下の場所よりバッチをダウンロードします。

 
バッチファイルを解凍して、先ほどのフォルダにコピーします。

20150701-install-thunderbird-03

 
バッチを右クリックして「編集」を選択します。

20150701-install-thunderbird-04

 
「set PARAMETER=」の後ろに先ほどダウンロードしてきたインストーラーのファイル名を入れて保存します。

20150701-install-thunderbird-05

 

スポンサーリンク

バッチを実行する

 
バッチ実行前は「Mozilla Thunderbird」はまだインストールされていません。

20150701-install-thunderbird-06

 
バッチを右クリックして「管理者として実行」します。

install-thunderbird-07

 
「続行するには何かキーを押してください。」と表示されたら、Enterを押すと画面が閉じられます。

20150701-install-thunderbird-08

 
「Mozilla Thunderbird」がインストールされました。

20150701-install-thunderbird-09

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

この記事をシェアする
Windows自動化技術大全をフォローする
林 鼓平 (Kohei Hayashi)

Windows系のインフラエンジニアです。めんどくさいPCの設定作業をなんとかして自働化できないものかと日々そんなことばかり考えています。当面の目標はMicrosoft MVPになることです。もし、MVPにご推薦頂けるという方はこちらより清き一票をお願いします。世の情シス担当の皆様にSearchあれ。

Windows自動化技術大全をフォローする
Windows 自動化技術大全
タイトルとURLをコピーしました