キッティングの現場で役に立つスクリプトをこちらで配信中。
[REG]インターネット

[REG]「署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する」をレジストリで設定する方法【IE11編】

[REG]インターネット
この記事は約3分で読めます。

Internet Explorer 11 の [インターネット オプション] – [詳細設定] タブにある「署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する」をレジストリで有効/無効にする方法です。

スポンサーリンク

レジストリによる設定

レジストリの設定箇所

署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する
ハイブ HKEY_CURRENT_USER
キーパス Software\Microsoft\Internet Explorer\Download
値の名前 RunInvalidSignatures
値の種類 REG_DWORD
値のデータ 有効 : 1
無効 : 0
※既定では値の存在無し

設定反映用バッチファイル(ユーザーの構成)

@echo off
reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Internet Explorer\Download" /v "RunInvalidSignatures" /t REG_DWORD /d "1" /f
pause
exit

設定反映用バッチファイル(デフォルト ユーザー)

@echo off
reg load "HKEY_USERS\TEMP" "C:\Users\Default\NTUSER.DAT"
reg add "HKEY_USERS\TEMP\Software\Microsoft\Internet Explorer\Download" /v "RunInvalidSignatures" /t REG_DWORD /d "1" /f
reg unload "HKEY_USERS\TEMP"
pause
exit

実行結果

設定反映前

設定反映後

この記事に最も関連する記事

これとまったく同じことをグループポリシーで行いたい場合は以下の方法を参考にしてください。

[GPO]「署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する」をグループポリシーで設定する方法【IE11編】
Internet Explorer 11 の - タブにある「署名が無効な場合でもソフトウェアの実行またはインストールを許可する」をグループポリシーで有効/無効にする方法です。 グループポリシーによる設定 ポ...

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク
Windows 自動化技術大全
タイトルとURLをコピーしました