キッティングの現場で役に立つスクリプトをこちらで配信中。

Java Runtime Environment (JRE) の例外サイト・リストを設定する方法【共通編】

[REG]ソフトウェア
この記事は約1分で読めます。

 
コマンドプロンプトを利用して Java Runtime Environment (JRE) の例外サイト・リストを設定する方法を解説します。

スポンサーリンク

下準備をする

まずはメモ帳を起動して、例外サイト・リストに登録したい URL を入力していきます。

 
入力後はファイル名を「site.txt」にして任意のフォルダに保存します。

 
次に以下のコードをコピーします。

 
コピーしたコードをメモ帳に貼り付けます。

 
貼り付け後、名前は任意のもの、拡張子は「.bat」にして保存してください。なお、保存場所は先ほど作成した「site.txt」と同じ場所にしないと正しく動作しません。

バッチを実行する

バッチ実行前はまだ何も登録されていません。

 
バッチを右クリックして「管理者として実行」します。

 
「続行するには何かキーを押してください。」と表示されたら、Enterを押して画面を閉じます。

 
例外サイト・リストに登録されました。

タイトルとURLをコピーしました