「Adobe Acrobat Reader DC」をコマンドでサイレントインストールするバッチファイルを公開しました。

20150615-AdobeAcrobatReaderDC-12

今回は、コマンドを利用して「Adobe Acrobat Reader DC」をサイレントインストール(バックグラウンドで自動的にインストール)する方法を紹介します。

下準備をする


まずはスタンドアロン版のインストーラーをダウンロードします。インストーラーは以下のサイトで配布しています。


「Adobe Reader スタンドアロンインストーラー Windows版(FTP)」をクリックします。

20150615-AdobeAcrobatReaderDC-01


「AcrobatDC」」をクリックします。

20150615-AdobeAcrobatReaderDC-02


最新版をクリックします。

20150615-AdobeAcrobatReaderDC-03


次の画面で日本語版のexeファイルを選択するとダウンロードが開始されます。

20150615-AdobeAcrobatReaderDC-04


ダウンロードしたファイルを任意のフォルダに入れます。

20150615-AdobeAcrobatReaderDC-05


次に以下の場所よりバッチをダウンロードします。


バッチファイルを解凍して、先ほどのフォルダにコピーします。

20150615-AdobeAcrobatReaderDC-06


バッチを右クリックして「編集」を選択します。

20150615-AdobeAcrobatReaderDC-07


「set PARAMETER=」の後ろに先ほどダウンロードしてきたインストーラーのファイル名を入れて保存します。

20150615-AdobeAcrobatReaderDC-08

バッチを実行する


バッチ実行前は「Adobe Acrobat Reader DC」はまだインストールされていません。

20150615-AdobeAcrobatReaderDC-09


バッチを右クリックして「管理者として実行」します。

20150615-AdobeAcrobatReaderDC-10


「続行するには何かキーを押してください。」と表示されたら、Enterを押すと画面が閉じられます。

20150615-AdobeAcrobatReaderDC-11


「Adobe Acrobat Reader DC」がインストールされました。

20150615-AdobeAcrobatReaderDC-12

この記事に関して、ご意見をお聞かせください

Q. 疑問や問題は解決できましたか?

1. 解決できた2. 解決できたがわかりにくかった3. 解決できなかった4. 目的の内容ではなかった

--- 以下は任意回答です ---
「1」以外の回答を頂いた方は、なぜそのように思われたか理由をお聞かせください。他にも記事に関するご意見・ご感想などがありましたら、是非お聞かせください。今後の改善の参考とさせていただきます。なお、質問など回答が必要な場合は、お問い合わせフォームをご利用ください。

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク