レジストリを操作して Outlook 2016 の自動ダウンロード関連の設定を変更する方法

レジストリを操作して Outlook 2016 のセキュリティ センターの自動ダウンロード関連の設定をすることができるバッチファイルを紹介します。

対象環境 Outlook 2016

レジストリの設定箇所を確認する

「HTML 電子メールや RSS アイテム内の画像を自動的にダウンロードしない」のレジストリの設定箇所は以下の通りです。

HTML 電子メールや RSS アイテム内の画像を自動的にダウンロードしない
キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Outlook\Options\Mail
値の名前 BlockExtContent
REG_DWORD
値の内容 0 : 無効
1 : 有効 (既定)

関連する設定項目

Outlook のセキュリティセンターにある自動ダウンロードに関するエントリはこの他にも用意されています。簡単な表にまとめましたのでカスタマイズの参考にしてください。キーはすべて共通になります。

項目 値の名前 値の内容
1 UnblockSpecificSenders REG_DWORD 0 : 無効
1 : 有効 (既定)
2 UnblockSafeZone REG_DWORD 0 : 無効
1 : 有効 (既定)
3 UnblockRSS REG_DWORD 0 : 無効
1 : 有効 (既定)
4 UnblockSTS REG_DWORD 0 : 無効
1 : 有効 (既定)
5 別のレジストリ値として設定可能

バッチファイルを作成する

「HTML 電子メールや RSS アイテム内の画像を自動的にダウンロードしない」を無効にする場合、以下のバッチを利用します。


「迷惑メール フィルターで使用する [信頼できる差出人のリスト] または [信頼できる宛先のリスト] に登録されたユーザーやドメインが差出人や宛先にある場合、電子メール メッセージ内のコンテンツのダウンロードを許可する」を無効にする場合、以下のバッチを利用します。


「このセキュリティ ゾーン内の Web サイトからのダウンロードを許可する: 信頼済みゾーン」を無効にする場合、以下のバッチを利用します。


「RSS アイテムでのダウンロードを許可する」を無効にする場合、以下のバッチを利用します。


「SherePoint ディスカッション掲示板でのダウンロードを許可する」を無効にする場合、以下のバッチを利用します。

よく一緒に読まれている記事

Office 2016 の「電子メールの編集、転送、返信の際、コンテンツをダウンロードする前に警告する」のレジストリを設定する方法
Office 2016 の「電子メールの編集、転送、返信の際、コンテンツをダウンロードする前に警告する」のレジストリを設定する方法を...

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク