Adobe Acrobat Reader DC の自動アップデートを有効/無効にする方法【共通編】

Adobe Acrobat Reader DC の自動アップデートを有効/無効にする方法について解説します。

対象アプリ Adobe Acrobat Reader DC

レジストリの設定箇所を確認する

Adobe Acrobat Reader DC の自動アップデートを有効/無効にするには以下のレジストリを変更する必要があります。

Adobe Acrobat Reader DC の自動アップデートの有効化/無効化 (32bit版OS)
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Adobe\Adobe ARM\Legacy\Reader\{AC76BA86-7AD7-1041-7B44-AC0F074E4100}
値の名前 Mode
REG_DWORD
値の内容 0 → 無効
3 → 有効【既定】
Adobe Acrobat Reader DC の自動アップデートの有効化/無効化 (64bit版OS)
キー HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Adobe\Adobe ARM\Legacy\Reader\{AC76BA86-7AD7-1041-7B44-AC0F074E4100}
値の名前 Mode
REG_DWORD
値の内容 0 → 無効
3 → 有効【既定】
レジストリの設定値は「0」と「3」以外にも存在します。より詳細な設定内容を確認したい場合は以下を参考にしてみてください。
Adobe Acrobat および Adobe Acrobat Reader は、セキュリティアップデートを定期的にリリースしており、バージョン XI より自動アップデートの技術が導入されています。 この文書では、Adobe Acrobat DC および Adobe Acrobat Reader DC の自動アップデ...

バッチファイルを作成する

自動アップデートを無効にする場合は、以下のバッチを利用します。


自動アップデートを有効にする(デフォルトに戻す)場合は、以下のバッチを利用します。

よく一緒に読まれている記事

Adobe Acrobat Reader DC の「アップデートの有無をチェック」のメニューを表示/非表示にするレジストリについて解...
Windows OS のビット数を判定して条件分岐させるバッチファイルについて説明します。 table { width...

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク