[Win8.1] サインイン時の「ロック画面」をコマンドで表示させないようにするバッチファイルを公開しました。

W81-NoLockScreen-02

Windows 8.1 を起動した直後に表示される「ロック画面」を表示させないようにするバッチファイルを作成しました。

下準備をする


まず、以下よりバッチファイルをダウンロードしてください。


ダウンロードしたファイルを解凍すると2つのファイルが表示されます。

W81-NoLockScreen-01

バッチを実行する


標準の設定では、Windows を起動すると「ロック画面」が表示されるようになっています。

W81-NoLockScreen-02


「ロック画面」が表示されている時に Enter キーを押すとサインイン画面が表示されます。

W81-NoLockScreen-03.06


さきほどの「ロック画面」を表示させないようにするには 「ロック画面を表示しない」の有効化.bat を右クリックして「管理者として実行」します。

W81-NoLockScreen-04


「続行するには何かキーを押してください。」と表示されたら、Enterを押すと画面が閉じます。

W81-NoLockScreen-05


Windows を再起動してみるとロック画面は表示されずに、サインイン画面が表示されました。

W81-NoLockScreen-03.06

設定を元に戻すには?


設定を元に戻すには 「ロック画面を表示しない」の有効化【既定】.bat を利用します。

W81-NoLockScreen-07


「続行するには何かキーを押してください…」と表示されたら、Enterを押して画面を閉じます。

W81-NoLockScreen-08


Windows を再起動してみると「ロック画面」が表示されるようになりました。

W81-NoLockScreen-02

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク