Internet Explorer 11 のプロキシ サーバーのレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】

W10-ProxyEnable-07

Internet Explorer 11 の「プロキシ サーバー」をバッチファイルで有効/無効にする方法です。

対象OS Windows 7,Windows 8.1,Windows 10

レジストリの設定箇所を確認する

プロキシ サーバーのレジストリの設定箇所は以下の通りです。

LAN にプロキシ サーバーを利用する
キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings
値の名前 ProxyEnable
REG_DWORD
値の内容 0 → 無効【既定】
1 → 有効

アドレスとポートの指定
キー HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Internet Settings
値の名前 ProxyServer
REG_SZ
値の内容 「アドレス:ポート番号」の書式で指定する

バッチファイルを作成する

プロキシ サーバーを有効にしたい場合、以下のバッチを利用します。2行目の環境変数で指定しているアドレスを適宜変更して利用してください。

W10-ProxyEnable-07


プロキシ サーバーの設定をリセットしたい場合は、以下のバッチを利用します。

W10-ProxyEnable-04

バッチファイルのダウンロード

今回、紹介したバッチファイルは以下のリンクからダウンロードすることができます。

よく一緒に読まれている記事

Internet Explorer 11 の自動構成スクリプトのレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】
Internet Explorer 11 の「自動構成スクリプトを使用する」をバッチファイルで有効/無効にする方法です。 ...
Internet Explorer 11 の「ローカル アドレスにはプロキシ サーバーを使用しない」のレジストリをコマンドで設定する方法【共通編】
Internet Explorer 11 のインターネット オプションにある「ローカル アドレスにはプロキシ サーバーを使用しない」...