ドメイン参加/離脱をコマンドで行う方法【共通編】

W10-JoinDomain-07

ドメイン参加/離脱をコマンドで行うことができるバッチファイルを公開しました。

対象OS Windows 7,Windows 8.1,Windows 10

バッチファイルのダウンロード


まず、バッチファイルを以下の場所からダウンロードしてください。


ダウンロードしたファイルを解凍すると2つのファイルが表示されます。

W10-JoinDomain-01


ドメイン参加.bat を右クリックして「編集」をクリックします。

W10-JoinDomain-02


「set DOMAIN_NAME=」の後にドメイン名、「set DOMAIN_USERNAME=」の後にユーザー名、「set DOMAIN_PASSWORD=」にパスワードを入力してください。入力が終わったら、上書き保存をします。

W10-JoinDomain-03

バッチを実行する

標準の状態では「WORKGROUP」となっています。

W10-JoinDomain-04


ドメイン参加.bat を右クリックして「管理者として実行」します。

W10-JoinDomain-05


「ReturnValue = 0:」と表示され、「続行するにはなにかキーを押してください…」と表示されたら、Enterを押して画面を閉じます。画面を閉じたら、再起動してください。

W10-JoinDomain-06a


再起動後、きちんとドメインに参加できました。

W10-JoinDomain-07

設定を元に戻すには?


ドメインから離脱をして WORKGROUP 環境に戻すには、ドメイン離脱.bat を利用します。実行する前にドメイン離脱.bat を右クリックして「編集」をクリックしてください。

W10-JoinDomain-08


先ほどと同じく、「set DOMAIN_USERNAME=」の後にユーザー名、「set DOMAIN_PASSWORD=」にパスワードを入力してください。入力が終わったら、上書き保存をします。

W10-JoinDomain-09


ドメイン離脱.bat を右クリックして「管理者として実行」します。

W10-JoinDomain-08


「ReturnValue = 0:」と表示され、「続行するにはなにかキーを押してください…」と表示されたら、Enterを押して画面を閉じます。画面を閉じたら、再起動してください。

W10-JoinDomain-11


設定が元に戻りました。

W10-JoinDomain-04