Windows ファイア ウォールをコマンドで有効/無効にする方法【共通編】

W10-SetWFW-06

Windows ファイア ウォール をコマンドで有効/無効にすることができるバッチファイルを公開しました。

対象OS Windows 7,Windows 8.1,Windows 10

バッチファイルのダウンロード


まずは、以下よりファイルをダウンロードしてください。


ダウンロードしたファイルを解凍すると3つのファイルが表示されます。

W10-SetWFW-01

バッチを実行する


標準の設定では、Windows ファイア ウォールは「有効」となっています。

W10-SetWFW-02


これを無効にするには Windows ファイアウォールの無効化【通常】.bat を右クリックして「管理者として実行」をします。

W10-SetWFW-04


「続行するには何かキーを押してください。」と表示されたら、Enter を押して画面を閉じます。

W10-SetWFW-05


「プライベート ネットワーク」と「パブリック ネットワーク」が無効になりました。

W10-SetWFW-06

ドメイン プロファイルも無効にするには?


先ほどのバッチファイルでは「ドメイン プロファイル」の無効化は対象外となっています。

W10-SetWFW-07


「ドメイン プロファイル」も含めたすべてのプロファイルを無効化にするには Windows ファイアウォールの無効化【完全】.bat を右クリックして「管理者として実行」をします。

W10-SetWFW-08


「続行するには何かキーを押してください。」と表示されたら、Enterを押して画面を閉じます。

W10-SetWFW-09


「ドメイン プロファイル」も「無効」になりました。

W10-SetWFW-10

設定を元に戻すには?


設定を元に戻すには、Windows ファイアウォールの有効化.bat を利用します。

W10-SetWFW-11


「続行するには何かキーを押してください…」と表示されたら、Enterを押して画面を閉じます。

W10-SetWFW-12


設定が元に戻りました。

W10-SetWFW-02


「ドメイン プロファイル」も元通りになりました。

W10-SetWFW-03