「アプリが通話履歴にアクセスすることを許可する」のレジストリをコマンドで設定する方法【Win10編】

W10-{8BC668CF-7728-45BD-93F8-CF2B3B41D7AB}-01

[スタート] – [設定] – [プライバシー] – [通話履歴] にある「アプリが通話履歴にアクセスすることを許可する」のレジストリをコマンドで設定することができるバッチファイルの作成方法を説明します。

対象OS Windows 10

レジストリの設定箇所を確認する

「アプリが通話履歴にアクセスすることを許可する」のレジストリの設定箇所は以下の通りです。

アプリが通話履歴にアクセスすることを許可する
キー HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\DeviceAccess\Global\{8BC668CF-7728-45BD-93F8-CF2B3B41D7AB}
値の名前 Value
REG_SZ
値の内容 Allow → 有効【既定】
Deny → 無効

バッチファイルを作成する

「アプリが通話履歴にアクセスすることを許可する」を無効にする場合は、以下のバッチを利用します。

W10-{8BC668CF-7728-45BD-93F8-CF2B3B41D7AB}-01


「アプリが通話履歴にアクセスすることを許可する」を有効にする(デフォルトに戻す)場合は、以下のバッチを利用します。

W10-{8BC668CF-7728-45BD-93F8-CF2B3B41D7AB}-02