[Win8.1]「システムの復元」をコマンドで無効にするバッチファイルを公開しました。

20150603-Disable_SystemRestore-06

システムの復元を「無効」にするバッチファイルを作成しました。

下準備をする


まず、以下よりバッチファイルをダウンロードしてください。


ダウンロードしたファイルを解凍すると4つのファイルが表示されます。

20150603-Disable_SystemRestore-01

実行してみる


Windowsの標準では、システムの復元はCドライブが「有効」となっています。

20150603-Disable_Disable_SystemRestore-02.10


設定を「無効」にするには2つの方法があります。

VBSで実行する


VBSの場合はダブルクリックで実行します。

20150603-Disable_SystemRestore-03

バッチで実行する


バッチの場合、VBSとバッチファイルの2つをフォルダに入れたまま実行してください。

20150603-Disable_SystemRestore-04


「続行するには何かキーを押してください。」と表示されたら、Enterを押して画面を閉じます。

20150603-Disable_SystemRestore-05


確認してみるとシステムの復元が「無効」になりました。

20150603-Disable_SystemRestore-06


設定後はWindowsを再起動してください。

システムの復元を「有効」に戻すには?


一度、「無効」にした設定を再び「有効」とする方法です。

この場合もVBSとバッチの2つの方法があります。

VBSで実行する


VBSの場合はダブルクリックで実行するだけ。

20150603-Disable_SystemRestore-07

バッチで実行する


バッチの場合は、先ほどと同じくVBSとバッチファイルが2つセットになった状態で実行します。

20150603-Disable_SystemRestore-08


設定後は、Enterを押して画面を閉じます。

20150603-Disable_SystemRestore-09


設定が元に戻りました。

20150603-Disable_Disable_SystemRestore-02.10

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

スポンサーリンク