キッティング

コンピューター名を対話形式で変更するバッチファイル【共通編】

5.0
キッティング
この記事は約2分で読めます。

コンピューター名を対話形式で設定するバッチファイルです。

スポンサーリンク

仕様

  1. バッチを実行する。
  2. コンピューター名を入力する。
  3. 入力後、Enter を押すとコンピューター名が設定される。
  4. 設定後、Enter を押すと Windows が自動的にシャットダウンされる。
スポンサーリンク

事前準備

まず、以下の場所からバッチファイルをダウンロードしてください。

Windows Scripts Store
Windows Scripts Storeのネットショップです

 
ダウンロードしたファイルを解凍すると、1つのファイルが表示されます。

スポンサーリンク

バッチを実行する

試しに実行する端末のコンピューター名は以下のようになっています。

 
SetHostname.bat を右クリックして「管理者として実行」をします。

 
「コンピューター名を入力してください。」と表示されたら、設定したいコンピューター名を入力します。

 
Enter を押すと設定したいコンピューター名が設定されます。「何かキーを押して電源を落としてください。」と表示されたら、Enterを押すと自動的にシャットダウンされます。

 
再起動後、コンピューター名が変更されました。

スポンサーリンク

ワンポイント アドバイス

すでに設定済みのコンピューター名を一括で変更したい場合は、以下の記事を参考にしてみてください。

バッチファイルと CSV ファイルを利用してコンピューター名を変更する方法
バッチファイルと CSV ファイルを利用してコンピューター名を変更する方法です。現在のコンピューター名と変更したいコンピューター名を記述した CSV ファイルを用意して、バッチファイルと同じ階層に配置して実行することでコンピューター...

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

この記事をシェアする
Windows自動化技術大全をフォローする
林 鼓平 (Kohei Hayashi)

Windows系のインフラエンジニアです。めんどくさいPCの設定作業をなんとかして自働化できないものかと日々そんなことばかり考えています。当面の目標はMicrosoft MVPになることです。もし、MVPにご推薦頂けるという方はこちらより清き一票をお願いします。世の情シス担当の皆様にSearchあれ。

Windows自動化技術大全をフォローする
Windows 自動化技術大全
タイトルとURLをコピーしました