[REG]起動と終了

ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの変更禁止期間の設定をコマンドで変更する方法【共通編】

[REG]起動と終了
この記事は約2分で読めます。

ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの変更禁止期間の設定コマンドで変更することができるバッチファイルの作成方法を説明します。

対象OS Windows 7,Windows 8.1,Windows 10
スポンサーリンク

バッチファイルを作成する

ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの変更禁止期間を変更する場合、以下のバッチを利用します。(サンプルでは1日に変更しています。)

@echo off
net accounts /minpwage:1
pause
exit

 
ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの変更禁止期間をデフォルトに戻す場合、以下のバッチを利用します。

@echo off
net accounts /minpwage:0
pause
exit
スポンサーリンク

よく一緒に読まれている記事

ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの長さの設定をコマンドで変更する方法【共通編】
ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの長さの設定コマンドで変更することができるバッチファイルの作成方法を説明します。 table { width: 100%; border-collapse: collap...
ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの有効期限の設定をコマンドで変更する方法【共通編】
ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの有効期限の設定コマンドで変更することができるバッチファイルの作成方法を説明します。 table { width: 100%; border-collapse: coll...
ローカル セキュリティ ポリシーの「パスワードの履歴を保存する」の設定をコマンドで変更する方法【共通編】
ローカル セキュリティ ポリシーの「パスワードの履歴を保存する」の設定コマンドで変更することができるバッチファイルの作成方法を説明します。 table { width: 100%; border-collapse:...

この記事を見た人はこんな記事も読んでいます

この記事をシェアする
Windows自動化技術大全をフォローする
林 鼓平 (Kohei Hayashi)

Windows系のインフラエンジニアです。めんどくさいPCの設定作業をなんとかして自働化できないものかと日々そんなことばかり考えています。当面の目標はMicrosoft MVPになることです。世の情シス担当の皆様にSearchあれ。

Windows自動化技術大全をフォローする
Windows 自動化技術大全
タイトルとURLをコピーしました