キッティングの現場で役に立つスクリプトをこちらで配信中。

ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの有効期限の設定をコマンドで変更する方法【共通編】

[REG]起動と終了
この記事は約2分で読めます。

ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの有効期限の設定コマンドで変更することができるバッチファイルの作成方法を説明します。

対象OS Windows 7,Windows 8.1,Windows 10
スポンサーリンク

バッチファイルを作成する

ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの有効期限を変更する場合、以下のバッチを利用します。(サンプルでは60日に変更しています。)

 
ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの有効期限をデフォルトに戻す場合、以下のバッチを利用します。

よく一緒に読まれている記事

ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの長さの設定をコマンドで変更する方法【共通編】
Windows 自動化技術大全 - ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの長さの設定コマンドで変更することができるバッチファイルの作成方法を説明します。
ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの変更禁止期間の設定をコマンドで変更する方法【共通編】
Windows 自動化技術大全 - ローカル セキュリティ ポリシーのパスワードの変更禁止期間の設定コマンドで変更することができるバッチファイルの作成方法を説明します。
ローカル セキュリティ ポリシーの「パスワードの履歴を保存する」の設定をコマンドで変更する方法【共通編】
Windows 自動化技術大全 - ローカル セキュリティ ポリシーの「パスワードの履歴を保存する」の設定コマンドで変更することができるバッチファイルの作成方法を説明します。
タイトルとURLをコピーしました